2005年11月14日

Yahoo!オークション,不正利用対策にデータ・マイニング技術を導入

Yahoo!オークションが導入する不正利用検知システムは,500万以上のYahoo! JAPAN IDと,平均総出品数850万以上の出品物データから,商品説明の内容や出品時間,出品場所などを分析。不正利用者の行動パターンをモデル化し,そのモデルに一致する出品に対して,出品削除などの対処をするというデータ・マイニング技術を取り入れている。具体的には,以前は落札のみを行っていたユーザーが,ノート・パソコン30台を一度に出品するなど,従来の利用パターンとかなり異なった利用などを自動検知する。検知されたものに対しては,必要に応じて出品削除などの対処をするが,「最後の判断は人がすることになると思う」(殿村事業部長)としている。


遅すぎる対応だと思う。
いままで犯罪の温床と化していた、
ヤフーがやっと重い腰をあげたね。
まあこれだけじゃなくて
もっと犯罪通報に
迅速に対応するようにしてほしいものですよ。
ヤフーに期待するのも酷かもしれませんが
しっかりやってほしいものです。
posted by busai9 at 22:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースライト


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。