2005年11月06日

横山典がJRA新の6連勝

横山典弘騎手(37)が、5日東京競馬場の2Rから7Rで、6連勝の離れ業をやってのけた。途中に間隔のあかない純粋な連続施行競走の連勝記録としては、岡潤一郎、武豊騎手の5連勝を抜く新記録となった。


純粋にすごいと思います。
競馬というのは単純にいい馬が勝てると限らず
そのレースごとの展開で勝負が大きく変わるということもあります。
そんななかで6連勝は奇跡に近いものだと思うんです。ディープインパクトに3冠を取らせた武豊が天才なら
横山典弘も天才でしょう。
最近伸び悩んでいた競馬に
こういう明るいニュースがどんどん出れば
また競馬もブームになるだろうし
またレベルの高いレースもすることが出来ると思います。
横山騎手とか武騎手は僕がまだ中学生のころから
活躍しているわけで
こんなに長く活躍できるのは
努力もあるのだと思う。
そしてそういう人に僕はなりたい。
posted by busai9 at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニューススポーツ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。